10月1回めの制作【カニを描く】

10月1回目は、よくみて描くことをしました。

本物のカニをモチーフにしました。

じっくりみて描くことは苦手な子が多く、

描けないー!と最初から拒否反応があったり、

見ないで描いたり、

すぐにあきてしまったり、、、しました。

みる、それを頭に入れ、手を通して表現することの難しさ、、、

これのチャレンジを、短時間でもしたということの意味は大きいです。

ある説によると、幼児期はこれはほとんどできないそうです。

小さい子にとっては、大きなチャレンジだったと思います。

大きい子と一緒に同じモチーフを描く、その時間はタイヘンだったと思いますが、とても貴重な時間でした。

大きい子は、集中力がすばらしかったです。

はじめの導入だけ、「やりたくなーい!」と言っていましたが、

一度、自分の世界に入ると、どの子もどんどん描いていきました。

大きい子も小さい子も

できたものは、はっとさせられるような、とてもおもしろい、すばらしい作品になりました。

見えたものを描くという事は、練習していくと どんどんできるようになります。これは、他の科目にも影響する部分だと思います。

あそばない【あそび山】もたまにはいいかな?